食物別おいしく育てるコツ

  • HOME
  • 食物別おいしく育てるコツ
  • ブルーベリー

    おいしく育てるコツ

    ブルーベリーの栽培品種は、ハイブッシュ系とラビットアイ系という2つのグループに大別されます。ハイブッシュ系では、pH4.5前後、ラビットアイ系では、pH4.5~5.3程度の土を好みます。

     

    まずはピートモスを使い、植え付け前にpHを下げます。また、通気性を保つため、ハスクチップを土に混ぜます。場所に限りのある方は、鉢植え、ポット栽培がお勧めです。ポットの大きさは、苗木の小さいうちは5号程度のもので育て、その後は、大きいポットに移し変えてください。25リットル以上のものが適しています。

     

    ブルーベリーの栽培は、水やりが重要になります。ポット栽培の場合、夏場は、乾く前に水を与えることが大切です。地植えの場合は、頻繁に水を与える必要はありません。ハスクチップでマルチングをする事で、水分の蒸発を防ぎ、温度の上昇を抑えることで、一定の温度を保つことができます。肥料は緩効性のもの与えて下さい。ブルーベリーの収穫時期は、ハイブッシュ系で6~7月、ラビットアイ系で7~8月くらいです。

    ブルーベリーに最適な土壌改良剤

    • ピートモス 6cu.ft

      カナダ産ピートモスは湿地に生えた蘚苔類植物が堆積し、長い年月をかけ泥炭化したものを採取し脱水、粉砕、篩掛け選別した100%の天然有機物です。

    • ラトビア産
      ピートモス

      カナダ産と並ぶ吸水力・保水力を持ち、高繊維質で多孔性なため通気性もよく、根に十分な酸素を供給します。

    • ハスクチップSS
      (6~13mmメッシュ)

      ハクスチップとはヤシの実の殻をサイコロ状のチップにした天然有機質素材です。

      軽量かつ保水性、通気性に優れた作業性の高い素材です。

  • いちご

    おいしく育てるコツ

    いちご栽培では、まず良質な苗を手に入れましょう。

     

    クラウンが大きく、葉が濃い苗を選んで下さい。いちごは暑さと乾燥に弱いので、秋頃の植え付けをお勧めします。 いちごの根は、肥料やけを起こしやすいので、元肥は、植え付けの1週間より前にします。元肥は、長く効果を保つ緩効性タイプを使用しましょう。また、培地の乾燥状態をチェックしながら、冬でも水やりは忘れないようにしましょう!

     

    培地の乾燥を確認したら水やりをしましょう。培地は 弱酸性の土壌(pH6.0程度)が栽培に適していますので、ココユーキは、pH調整せずにそのまま使えます。定植時は、株元のクラウンに土が被らないよう、ご注意ください。また追肥は、リンを多く配合している肥料を与えましょう。窒素成分の多い肥料をさけると、実がつきやすくなります。

    いちごに最適な土壌改良剤

    • ココユーキ

      スリランカ産の大規模ココナッツプランテーションで生産された、ヤシの実を原料とした天然有機質100%の安全な土壌改良材です。

    • ハスクチップSS
      (6~13mmメッシュ)

      ハクスチップとはヤシの実の殻をサイコロ状のチップにした天然有機質素材です。

      軽量かつ保水性、通気性に優れた作業性の高い素材です。

  • トマト

    おいしく育てるコツ

    トマトは、排水性の良い土壌で育てるのがおすすめです。

     

    定植予定の1週間前には、元肥をまいてください。トマトは、生育初期の多肥を嫌いますので、元肥は控えめに。トマトは乾燥に強いので、葉が萎えたら、少し水を与えるくらいで十分です。花が咲き始める頃より、主枝に栄養がいくように、わき芽を摘み取り、主枝1本仕立てを行います(ミニトマトは2本でもOK)。

     

    トマトのわき芽の成長は早いので、こまめにわき芽取りをしてください。また開花後は、果実が膨らみ始めた頃より、追肥をしてください。プランター等の容器栽培では、乾かし気味に水分管理をすると、甘くて美味しいトマトができます。

    トマトに最適な土壌改良剤

    • ココユーキ

      スリランカ産の大規模ココナッツプランテーションで生産された、ヤシの実を原料とした天然有機質100%の安全な土壌改良材です。

    • ココミックス

      チップ、繊維、ココユーキ(粉)をミックスさせた商品です。 花農家様など、鉢物栽培でご好評いただいております。

  • キュウリ

    おいしく育てるコツ

    キュウリは、つるを伸ばし成長する植物です。

    また、グリーンカーテンとしても注目されています。キュウリは、長期間(4月~8月)、種まきを行うことができます。

     

    根を浅く張るので、水切れを起こさないように、培地の表面が乾いたら、朝もしくは夕方に、たっぷり水をあげてください。そのために培地は、水持ちの良い場所を選びましょう。成長のスピードとともに、肥料もたくさん根から吸収します。

     

    夏場などは、水切れ、肥料切れなどを起こさないように、毎日の水やりでは、薄い液肥を与えるのも効果的です。培地は、赤玉土、堆肥などに、石灰を混ぜることが多いですが、保水力と保肥力を増すように、ハスクチップ、ココユーキを混ぜて使うと効果的です。また、乾燥を防ぐために、培地の表面にハスクチップを散布する方法もあります。

    キュウリに最適な土壌改良剤

    • ココユーキ

      スリランカ産の大規模ココナッツプランテーションで生産された、ヤシの実を原料とした天然有機質100%の安全な土壌改良材です。

    • ハスクチップSS
      (6~13mmメッシュ)

      ハクスチップとはヤシの実の殻をサイコロ状のチップにした天然有機質素材です。

      軽量かつ保水性、通気性に優れた作業性の高い素材です。

    • ココミックス

      チップ、繊維、ココユーキ(粉)をミックスさせた商品です。 花農家様など、鉢物栽培でご好評いただいております。

  • ゴーヤ

    おいしく育てるコツ

    ゴーヤは近年、グリーンカーテンとしても人気の植物です。

     

    栽培は年1回。ゴーヤの旬は、夏の7月~9月です。高温を好む植物ですので、植付けは気温が高くなってから行います。暖かい気候を好みますが、苗作りの時期に温度に注意して栽培すれば、南国地域以外でも、簡単に栽培できます。培地は、ココユーキ100%でも問題なく育てることができます。種から育てる場合は、ポット2,3粒の種子をまき、芽が出たら1本に間引きます。プランターに植え付ける場合は、苗にしっかり水分を与えてから植え込みをしてください。

     

    また、植え込み後、培地が乾燥していたら、朝夕に水をしっかり与えましょう。特に、収穫最盛期には、水分を多く必要とするので、乾燥させないように、定期的に水やりを行ってください。追肥は、液肥を葉の状況を見ながら与えて下さい。実がなると重みで倒れることがありますので、しっかりネットに絡ませて転倒しない様に管理して下さい。

    ゴーヤに最適な土壌改良剤

    • ココユーキ

      スリランカ産の大規模ココナッツプランテーションで生産された、ヤシの実を原料とした天然有機質100%の安全な土壌改良材です。

    • ハスクチップSS
      (6~13mmメッシュ)

      ハクスチップとはヤシの実の殻をサイコロ状のチップにした天然有機質素材です。

      軽量かつ保水性、通気性に優れた作業性の高い素材です。

  • ナス

    おいしく育てるコツ

    ナスは、肥料と水が大好きな植物です。

     

    植えつけ時に、しっかりと元肥を入れて下さい、ナスは、通常50cm以上に成長しますので、苗を植え付けたときに、支柱も同時に立てます。日当たりのよい場所を選び、密植を避けて摘葉・整枝し、十分に日が当たるようにします。

     

    プランターでも、ナスをじゅうぶんに育てることができます。できるだけ大きなプランターを準備しておきます。深型菜園プランターなど、深さ30cm長さ60cm奥行25cm容量30リットルくらいあれば、2株を育て、秋茄子も収穫することができます。植え付けてから2週間後から、追肥を始めます。

     

    化成肥料を与える場合は、2週間に1回、1リットルに1g程度与えるようにします。液体肥料を与える場合は、1週間に1回、水代わりに与えます。培地は有機質に富んだ、水はけの良い、保肥力のある培地を好みます。

    ナスに最適な土壌改良剤

    • ココユーキ

      スリランカ産の大規模ココナッツプランテーションで生産された、ヤシの実を原料とした天然有機質100%の安全な土壌改良材です。

    • ココミックス

      チップ、繊維、ココユーキ(粉)をミックスさせた商品です。 花農家様など、鉢物栽培でご好評いただいております。

    • ハスクチップSS
      (6~13mmメッシュ)

      ハクスチップとはヤシの実の殻をサイコロ状のチップにした天然有機質素材です。

      軽量かつ保水性、通気性に優れた作業性の高い素材です。